PICKUP記事
【お忍び体験】日暮里メンズエステ ビマージョ:大人女子の安定の安心感と安定のキワキワに感無量w
錦糸町|グランドスタイル


日暮里 一般メンズエステ Bemajo(ビマージョ)

『若い子にはない、同世代ならでわの大人のセクシーさ・・・たまらんな( *´∀`)』

注目!新しいハードな刺激。ハイレベルを越えるサービスの真髄!

 

価格:120分 / ¥15,000- (オプション:ディープリンパ) 【割引利用有】
※エステーションを見た!でオプション1000円OFF

部屋:マンション各部屋割り振り

紙パンツ:横スカTバック

オイル塗布:普通

【施術】
揉み解し:★★★
キワキワ:★★★★
さわさわ:★★★
ドキドキ:★★★

【鼠径部サービス】
カエル
四つん這い
下っ腹
コマネチ

濃厚レベル:★★★
星3つ

★★紙パンツ太郎の一押しポイント★★

----------------------------------------------------------------------
日暮里 一般メンズエステ Bemajo(ビマージョ)

あまり行かない地域だが、
上野ついでにちょっと寄り道してみた。

新店舗できになったのがここだった。

どうみても大人女子専門店!!

最近若い子の施術が多かったので
よだれだらだらもんでいざ凸!!

受付はわりと丁寧な男性。

 

そして場所を聞き向かう。

 

地図で指定された感じは遠いが
わりと気にならない距離感。

 

そしてセラピストさんとご対面。
大人の色気たっぷりのセラピスト現る。

 

これこれ( *´∀`)
若さとは違うなんとも言えないsexyさ加減。
マンションの中は綺麗しっとり。
大人な雰囲気が漂う。

 

そして、
恒例のお茶&お支払い。

 

そのままシャワーにいき、
みんな大好き
横スカタイプの紙パンツを装着。

 

いざ施術スタート!

 

まずはうつ伏せで指圧。
少し長めの緩くしっかりタイプだが
いつも通りスルー。

 

そしてオイルトリートメントに突入。

 

ここまでの流れで感じることは、
「流石に大人女子、話上手。」
嫌な感じがなく会話が進んでいく。
苦痛のない会話や
次に何話そうかなーがないのはかなり良い。
オイルは足先から。
キワキワまでしっかりと。
この細かい作業をすんなりと自然にこなし
フクロウへのご挨拶をしっかり行えるのが
大人な女子の安心感とも言えよう。

ご挨拶は日本人の礼儀のよさをだしますからね!w

 

お尻の割れ目からキワ部分まで、
繊細な施術に心躍る。
そして逆足を終え、
背中にオイルを。
背中はちょっと長めだ。
でも手抜きのない冴え渡っわたオイルトリートメントと言える。
そしてホットタオルOFF。
--メンズエステ広告--
上野メンズエステ【Rose ロゼ】
池袋メンズエステ Fiore Spa~フィオーレスパ
美魔女メンズエステ|be-majoビマージョ日暮里
上野メンズエステ リリス

 

日暮里 一般メンズエステ Bemajo(ビマージョ)

仰向け。

 

足から丁寧にしっかりとオイルを伸ばす。
鼠径部までしっかりと伸ばすので
フクロウもヨイショー(๑•̀ㅂ•́)و
そのままの流れで立て膝へ。
立て膝でもキワへしっかり手を差し込んでくれるので
ポジション次第ではかなーり元気を注入できるはず!
そしてそのまま横に倒しカエル足
カエル足は丁寧にゆったりとしたタッチ。
キワキワをスリスリ
そして下っ腹目掛けて手を置くに食い込ませる。

要するに正面衝突である。

そしてサイドに移り、

下っ腹~デコルテというかB地区まで。

下っ腹は
手をゴムインさせるので、顔先に軽くシュ!っと。

そしてB地区はソフトに優しく。

ここまで行くと次に足を開くように指示。

コマネチゾーンへ突入。

両サイドから手が
クロスして下っ腹目掛けて上がってくる。

下っ腹でクロス、
ということは・・・・w

この時間がかなり長めである。

お楽しみTIMEは、
とてつもなくムラムラTIMEではあるが、

久々に長いことムラムラTIMEを堪能したw

なんとも王道感たっぷりの
メンズエステだ。

過度な密着や、若い子の施術に飽きた・・・という方、

あの頃のメンズエステを思い出しに行ってみては?w

【日暮里】Bemajo〜ビマージョ

店舗Twitter

関連記事一覧

ご理解頂きたい事


あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないし性的興奮を煽るようなものでは決してないことは理解して欲しい。※(内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、ブログ記事としての読み物的な感覚で面白おかしく見て頂くことが私の本意である。

店舗様用フォーム

Twitterでフォローしよう